はね丸のWEB工房

Googleウェブマスターツールで手動ペナルティを確認できるようになっていたと題して、情報共有をします

はね丸のWEB工房便利ツールやサイト>投稿記事を個別表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleウェブマスターツールで手動ペナルティ表示


人伝に聞いて知ったのですが、どうやらGoogleウェブマスターツールで手動ペナルティを確認できるようになったようです。

随分と前の改善ではメールで通知が来る、でしたが、それは100%ではないようでしたし、それ以前にペナルティを受けたサイトは相変わらずわからないままでした。
それが完全にステータスとして見れるようになりました。

スポンサーリンク

手動ペナルティがウェブマスターツールでどう見えるのか?

面白そうなので、早速見てみることにしました。
昔はガツガツとSEOに精を出していましたが、今はほとんど興味が無くなってしまい、ウェブマスターツールにログインすること自体が何年ぶりだ…という状態です。(笑)

問題の項目は「検索トラフィック」内の「手動による対策」という項目にありました。



Googleの手動ペナルティ無しの状態

サイトに何も問題が無ければ、このような淡白な画面が表示されるだけです。


おめでとうございます。(笑)



Googleウェブマスターツールで手動ペナルティ表示

問題のあるサイトですと、こんな感じです。

価値のない質の低いコンテンツ
このサイトのほとんどは、ユーザーに付加価値をほとんど提供しない質の低いページ(実質のないアフィリエイト ページ、見かけのみで内容のないサイト、誘導ページ、自動生成されたコンテンツ、コピーしたコンテンツなど)で構成されているようです。


ご愁傷様です…。
サイトの存在が全否定ですね…。(汗)


ペナルティの種類は「価値のない質の低いコンテンツ」だけではなく、クローキング/不正なリダイレクト、ハッキングされたサイト、隠しテキスト/キーワードの乱用、悪質なスパム、スパム行為のある無料ホスト、サイトからの不自然なリンク、サイトへの不自然なリンク、このサイトへの不自然なリンク-影響のあるリンク、ユーザー生成スパムの全10種類らしいです。


ちなみに価値のない質の低いコンテンツの出ていたサイトですが、昔Web APIを使い始めた頃、楽しくてヒャッホーーーと作ったサイトが食らっておりました…。


Googleの手動ペナルティ対処方法を詳細に解説

サイトの手動ペナルティ有無がわかるだけでなく、何が原因なのか?どう対処するばよいのか?が詳しく説明されたページも用意されており、対策の糸口が掴めるようになっています。



Google手動ペナルティの対策方法


まぁ価値のない質の低いコンテンツはサイト全否定ですので、対策も何もないのですが。(笑)


また「審査をリクエスト」ボタンも付きましたので、再審査の際に申請ページを探し回られなくてよくなりました。
GoogleのUIはイマイチわかり辛いですので、これは地味に便利です。(笑)


今後のサイト運営に役立てていただければと思います。


スポンサーリンク
hanemaru_comをフォローしましょう このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー 便利ツールやサイト
キーワード Google,ウェブマスターツール,ペナルティ,フィルター,スパム








※コメントは管理人の承認後、表示されます。

コメントを受け付けました。
コメントは管理人の承認後、表示されます。

表示順:新規順 | 投稿順 | 人気順 | 注目順