はね丸のWEB工房

Yahoo!地図APIで施設内検索が新規リリースと題して、情報共有をします

はね丸のWEB工房WEB API>投稿記事を個別表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!地図WEB API(YOLP)施設内検索

Yahoo!地図API(YOLP)で新機能「施設内検索」がリリースされたようです。

施設内検索をしたい場所の緯度経度を指定することで、その場所の建物(ビルなど)内にある拠点情報を取得できます。
JavaScriptマップAPIと組み合わせれば、地図上で東京ミッドタウンをクリックしてその建物内にあるお店を検索するサービスを実現できるようです。

随分とニッチな機能ですが、Google Maps APIには無い細やかな機能ですね。

スポンサーリンク

Yahoo!地図WEB API(YOLP)施設内検索のリクエストパラメーター

リクエストパラメーターは、下記のようになります。


パラメーター説明
appid
(必須)
stringアプリケーションIDです。
lat
float緯度です。(世界測地系で指定してください。)
lon
float経度です。(世界測地系で指定してください。)
sort
stringソートの方法を指定します。
  • ratingは、YOLPカセットギャラリーで指定した値の順にソートします。
  • scoreは、適合度順にソートします。
  • hybridは、距離と適合度順にソートします。
  • reviewは、口コミ件数にソートします。
  • kanaは、アイウエオ順にソートします。
  • priceは、金額順にソートします。
  • distは、2点間の直線距離順にソートします。(geoより高速です)
  • geoは、球面三角法による2点間の距離順にソートします。
    ※距離順(dist/geo)を有効にするためには、lat,lonを指定してください。
detail
string出力項目数を増減できます(デフォルト:standard)。
  • standard(標準)は、名称とユニークID、座標などアイコン表示に最低限必要な項目に加え、住所や電話番号などすべてのデータで共通の項目を出力します。
  • full(詳細)は、標準以外の、各データ元別に持っているすべての項目を出力します。
startinteger: 1(デフォルト)取得開始位置を指定します。
results integer: 10(デフォルト)取得件数を指定します(最大100)。
outputstring
xml(デフォルト),
json
出力形式:
  • xml - XML形式
  • json - JSON形式
callbackstring
JSONPとして出力する際のコールバック関数名を入力するためのパラメーター。UTF-8でエンコードした文字列を入力します。

基本は座標で目的の建物を指定する、ですね。
建物内の施設という目的から半径とかの概念はなく、ピンポイントで目的のものをしているする必要があります。


Yahoo!地図WEB API(YOLP)施設内検索のレスポンス

施設内検索のレスポンスは、下記のようになります。


フィールド説明
YDFクエリーレスポンスのすべてを含みます。
ResultInfoレスポンスのまとめ情報です。
Countレスポンス情報に含まれる住所情報のデータ件数です。
Total出力されている住所情報以外も含めた全データ件数です。
Startレスポンス情報に含まれる住所情報の、全データからの取得開始位置です。
Latencyレスポンス情報を生成するのに要した時間です。
Statusリクエスト元に処理結果を伝えるためのコードです。正常終了の場合、200を出力します。
Feature検索結果1件分のデータ群です。
Idカセット内部のIDです。
Gid拠点ごとに割り当てられた拠点の管理IDです。
Name地域・拠点情報名です。
Geometry拠点の場所を表すGeometry要素です(世界測地系)。
Type図形種別です。
Coordinates座標情報です。
Property地域・拠点情報の詳細要素です。
UidYOLP内部での識別IDです。
CassetteIdカセットIDです。
Yomi地域・拠点情報名の読みです。
Country国情報です。
Code(Countryの子要素)国コード(ISO 3166-1)です。
Name(Countryの子要素)国名です。
Address1行で表す住所です。
GovernmentCode住所コード(JIS X 0401 5けた)です。
Station最寄り駅情報です。
最大3件です。
Id(Stationの子要素)駅IDです。
Name(Stationの子要素)駅名です。
Railway(Stationの子要素)代表路線名です。
Exit(Stationの子要素)最寄り駅の出口名です。
ExitviewId (Stationの子要素)最寄り駅の出口IDです。
Distance(Stationの子要素)最寄り駅の出口からの距離(m)です。
Building店舗が入るビル情報を格納します。
Id(Buildingの子要素)ビルIDです。
Name(Buildingの子要素)ビルの名称です。
Floor(Buildingの子要素)ビルの階数です。
Area(Buildingの子要素)ビルの面積です。
PlaceInfo店舗が入る場所情報を格納します。
FloorName(PlaceInfoの子要素)フロア名です。
MapType(PlaceInfoの子要素)最適な地図の種別です。
MapScale(PlaceInfoの子要素)この地域・拠点名を表示するのに適切な地図の縮尺です。
Time最寄り駅の出口からの徒歩時間です。
Tel1電話番号です。
Genre店舗のジャンルです(※複数あり)。
Code(Genreの子要素)業種コードです。
Name(Genreの子要素)ジャンル名です。
CatchCopyキャッチコピーです。
Couponクーポン情報です。
ReviewCountレビュー数です。
Detail詳細情報です。
ZipCode郵便番号です。
Fax1Fax番号です。
Access1アクセス方法です。
Copyrightコピーライトです。
PcUrl1パソコンサイトのURLです。
MobileUrl1モバイルサイトのURLです。
ReviewUrl1レビューのURLです。
Image1画像情報です。
StyleStyle情報です。

取得店舗情報に関しては、かなり細かい情報まで取れます。
住所や店舗名だけでなく、最寄り駅(その出口名までも!)、その店舗の業種(カテゴリー)、キャッチコピー、クーポンなど。

今までいろんなAPIをマッシュアップして実現していたものが、これ1つで賄えそうです。


YOLP施設内検索のを使った感想

ちょっとだけ触ってみましたが、反応するビルは大して多くないな…というが印象でした。
これは今後増えていく可能性があるのですが、現時点ではビルは判別できても、店舗データは空っぽというのが多かったです。

あと店舗の位置情報が意外にアバウトで、そのビル内にマーカーがあれば良い的なマーキングをしているのか、複数店舗がかなり重なった座標を指していますね。
リスト表示であれば問題ありませんが、地図上のマーカーを打つのであれば、工夫が必要かもしれません。

最後に店舗の座標情報ですが、なぜか緯度経度ではなくて経度緯度として格納されていました。
マーカーを打つ際には、一度パースしてから緯度経度に並び替える必要が…。(汗)

これはなんとなくバグっぽいので、いずれ直るかもしれません…たぶん。


スポンサーリンク
hanemaru_comをフォローしましょう このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー WEB API
キーワード WEB API,Yahoo!,地図,YOLP,Yahoo!地図WEB API








※コメントは管理人の承認後、表示されます。

コメントを受け付けました。
コメントは管理人の承認後、表示されます。

表示順:新規順 | 投稿順 | 人気順 | 注目順