はね丸のWEB工房

PHPやWEB API、自作したWEBサービスについてマッタリと書き綴ります

はね丸のWEB工房>サーバ設定や運営を一覧表示

このエントリーをはてなブックマークに追加
イメージ画像無し


冬休みのことですが、休みの時間を利用して今まで作成したサイトのメンテナンスをしていました。
普通にサラリーマンとして働いていますので、全てのサイトを毎日見ているわけではありませんので、久しぶりに見るサイトもいくつかあります。

そのうちの1つのサイトを見た際、エラーが表示されてサイトが見れません…。(汗)

どうでもいいサイトではなかったため、ちょっと焦りましたよ。

真っ先に疑ったのは、なぜかドメイン切れ。(笑)
頻繁にドメイン更新のメールが来るため、どれか見過ごしたか?と思ってしまいました。

しかしエラーは「503 Service Temporarily Unavailable」であるため、全然違うよね…。
>>さくらのレンタルサーバでCGI/PHPが制限されて503エラー多発の詳細を読む

カテゴリー:サーバ設定や運営 | キーワード:さくらのレンタルサーバ,PHP,制限,503 Service Temporarily Unavailable,エラー

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
さくらのVPSコントロールパネル


さくらのVPSを借りてサーバ構築を行うための申し込み方法と準備」の続きになります。
前回でさくらのVPSに申し込み、VPSを借りることが出来ました。

またサーバ構築に必須のSSHクライアント「Tera Term」をインストールしましたので、今回はいよいよVPSの内部に入っていきます。

今回はCentOS 6のセキュリティ対策を中心とした初期設定と、Tera Termによる鍵認証を使用したSSH接続環境を構築します。
>>さくらのVPSでCentOS 6のセキュリティ設定とSSH鍵認証の接続環境を構築の詳細を読む

カテゴリー:サーバ設定や運営 | キーワード:さくらのVPS,CentOS,teraterm,専用サーバ,サーバ構築

このエントリーをはてなブックマークに追加
さくらのVPS


私の作成したサイトは、さくらのレンタルサーバで運営しています。
年契約にしていますのでレンタルサーバ代の請求は年1回なのですが、借りた時期がバラバラなため、ほぼ毎月のようにレンタルサーバ代の請求が来ています。

数年同じ状況で変わらないのですが、あまりの頻度にちょっと気になりまして、サーバ状況を調べてみました。

その結果、全部で23台のレンタルサーバをさくらで借りていることがわかりました。
金額にして年間20万円くらいの費用がかかっていることに…。

んー、慣れというものは恐ろしいものです。(汗)


さくらのレンタルサーバからは何度か注意を受けていますし、リソースの確保とサーバ費用削減を実現するために、さくらのVPS(仮想専用サーバ)を借りることを決めました。
>>さくらのVPSを借りてサーバ構築を行うための申し込み方法と準備の詳細を読む

カテゴリー:サーバ設定や運営 | キーワード:さくらのVPS,CentOS,teraterm,専用サーバ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ムームーDNSサーバ(ネームサーバ)の障害


最近になってGoogleウェブマスターツールから、以下の内容のメールが来ました。


[ウェブマスターツール]http://www.xxxx.com/: Googlebotがサイトにアクセスできません
Googlebot がサイトの DNS 情報の取得を試みましたが、過去 24 時間で 491 件のエラーが発生しました。このサイト全体での DNS クエリのエラー率は 91.6% です。

これらのエラーの詳細はウェブマスター ツールで確認できます。


私はDNSサーバ復旧後にサイトを見ましたので問題部分を確認できなかったのですが、高負荷時にはそのDNSサーバを経由しているサイトのほとんどが数時間ほど遅延、または見れなくなっていたようです。

しかしエラー率91.6%って凄いなぁ…。(笑)
>>DNSサーバ(ネームサーバ)の障害でサイトが非表示+SEO的被害もの詳細を読む

カテゴリー:サーバ設定や運営 | キーワード:サイト運営,Google,DNS障害,SEO

スポンサーリンク
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

表示順:新規順 | 投稿順 | 人気順 | 注目順